テストの最終日が終わって、ひとり家で夕飯の支度をしていたら携帯がなった。




「もしもし?」


「俺」


「なんだ、ナツか」





料理中だったあたしは急いで出たから、画面を見ずに電話をとった。



それなのに、先生かと思い込んでいたらしい。





「なんだってなんだよ?」


「別に」





この作品のキーワード
先生  教師  生徒  切ない  愛人  不倫  禁断  秘密  契約  イケメン