彼は結婚する。


花嫁は異国の姫。



分かってる。分かってる。



私は、ただの使用人だもの。




身分違いの恋なんて叶わない。
どんなに思い合っても、

叶わない。






伯爵

アスラン・レイナード

「俺は好きだぞ」

×

「私だって……」

ジュリア

使用人


彼は結婚する。
花嫁は異国の姫。


私は二人を祝福しなくては。
幸せになってと、笑顔で。


この作品のキーワード
結婚式  身分違い  短編  貴族  婚約