―3月11日―


平凡に過ごしていたあたしたちを襲った大きな地震・・・


のちにそれは〈東日本大震災〉と呼ばれ、今もなお、全国的に被害が広がっている。


この小説は、東日本大震災の被災地に住んでいる中学生(きんにゃん)が書いているものです。あたしの住んでいる地域は今も余震が続いていて、あまり落ち着いて書けないので、更新は遅いです・・・


見て下さる方は気長に見守っていて下さると嬉しいです。



そして、この小説を読んで少しでも被災地を応援したいと思って頂ければ幸いです。



2011.3.16





この作品のキーワード
東日本大震災  地震  被災者  被災地  断水  停電  津波  東日本大地震