夏川は少し変わった子だった。

妄想が激しく、統合失調者とも見られることからよくいじめられていた。


「先生……」


いじめられていた夏川が保健室に、俺のもとにくるのは珍しくないが。

ある日、夏川は有り得ない頭をして保健室に入ってきた。


「どうしたんですかっ」


声を荒げる。

夏川の頭は赤っぽくなっていたのだ。

黒にピンクを混ぜたような髪が夕暮れにさらされていた。


夏川の肩を抱く。


「また、いじめられたんですか?」


頷く夏川。

いやはや、今のいじめというのは過激すぎる。


これは後に制裁を与えなければと思っていれば、気丈だった彼女が泣き始めた。


この作品のキーワード
先生  生徒  鬼畜  監禁  洗脳  保険医  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。