――――――…

そして、数日後。


「楓、今日は初めての市中見回りです。夜に見回りなので昼間は横になっていたほうがいいですよ。」


昼食を食べ終わったときに、沖田に言われた言葉を守り、自室で横になっている楓。

はっきり言って、不安で怖い。

いざという時に、何ができるのか。
そう考えると、自分が無力に思えてしょうがない。


楓は脇差しを手に取り、刀を鞘から抜いてみた。

鞘に金属が擦れる独特の音が、気持ちを少しだけ凛とさせる。


「…新品、なのかな。コレ。」


タイムスリップした初日に男から奪ったものだが、
刃こぼれもしていなく、日の光を鈍く反射させている。


「返さなきゃ、だよね。」


あの着物と、この脇差しも、
返さなきゃいけない。


みんなを守るなら、他人の刀じゃなく、自分の刀を使いたいと楓は思った。



この作品のキーワード
新撰組  新選組  軽業師  黒猫  トリップ  時空移動  戦い   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。