――――――――…



一方、
屯所から出た楓は、帰っていいぞと言われたが、帰る場所もないので、薄暗くなり始めた町をぶらついていた。


「帰っていいぞ、って……何処に帰れっていうね。」



きっと、絶対、現代には、帰れない。


―――だって、私は逃げたから。


帰る資格が無いと言った方が正しいのかもしれない、と楓は考えていた。



そのとき



「ちょーっと、坊ちゃん。こっちに来ようか。」

「―――んっ!?」



何かの布で口を塞がれ、人通りの少ない道まで連れて行かれた。

抵抗はしたが、適わなかった。


楓は内心、舌打ちをする。






この作品のキーワード
新撰組  新選組  軽業師  黒猫  トリップ  時空移動  戦い   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。