―――――――…




「……ん。」


楓が目を覚ますと、既に外は明るかった。


部屋を見渡しても土方の姿は見当たらない。



立ち上がって外に出ようとすると


「―いたっ。」


傷が微妙に痛む。
それと、腰も。



「馬鹿者。壁に寄りかかって寝るから腰が痛くなるのだ。」


いつから居たのか、克がそう言った。


「そんなこと言ったって…。」


昨夜、あれから土方に土方の布団で寝て良いと言われたが、気が引けた。

楓は、なんとなく、これ以上迷惑をかけたくないと思ったからだ。



なので、土方がしていたように壁に寄りかかって寝たが、案の定、腰を痛めた。




この作品のキーワード
新撰組  新選組  軽業師  黒猫  トリップ  時空移動  戦い   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。