そして、夜もまだ長いころ、楓は目が覚めてしまい布団から上半身だけ起き上がると


「お父さん。」


闇に隠れるように、黒猫――克が佇んでいた。


「近藤という男は厄介じゃ。なかなか解放してくれんでの、暑苦しくてたまらんかったわい。」


「そうなんだ。私はね、今日、沖田さんと買い物に行ったよ。…いろいろあったけど、楽しかった。」


「そりゃあ良かった。……なんせ、お前の命はあと少し。楽しんでなんぼじゃ。」


その一言で、楓は入隊試験前の、克との会話を思い出す。


――――…


『我の分も生きて欲しかった。だが……お前の命は、あと三カ月での。…なんせ、お前は綱から落ち、一回死んでおる。』


『死んで…たんだ。』


『うむ。だがのぅ、楓………助かる方法は、あるにはあるのだ。』


『え?』


―――――…




「あの方法を、使いたくはないのだろう?」


「うん。さすがに、ね。」


助かる方法ならあった。
だがそれは、……誰かを巻き込むことになる。



この作品のキーワード
新撰組  新選組  軽業師  黒猫  トリップ  時空移動  戦い   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。