夜がまた来る。


身も凍るような恐怖に満ちた夜・・・。



漆黒の闇が、僕の首筋にそっとキスをする。とても甘美なくちづけ。



あれは夢なのか・・・、
それとも、それとも・・・!