僕が刑事になったきっかけ。


それは僕が小さい頃、誘拐されたことがあるからだ。


ひとりで怖くて泣いてた僕に優しく


『大丈夫だよ』


と助けてくれたあの刑事のお兄さんみたいになりたくて……


あの大きな背中を追いかけてきたんだ。




でも僕はひとりじゃ何も出来ない。


同じ舞台に立てたけど、ドジで間抜けで怒られてばかりでヘタレで………。


いつになったら、あの人を越えられるのだろう――――………。

この作品のキーワード
推理  刑事  殺人事件  ヘタレ  勇気  オフ会 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。