(俺が考える甘えの定義     。)



季節は頬を撫でる蒸し暑い風から、何時の間にか肌寒い風へと変わっていた。

それは部屋の中にいても同じで、足の先から冷たさを孕んでいくもんだからたまったもんじゃない。



それなのに、ソファに体を倒し寝ている彼女の服装は、薄手のシャツに短パン(レギンス着)という。見ているこっちが身震いしてしまう。



「陽菜、起きて。」

「んー…。」


肩を軽く揺すれば、ぴくりと小さく肩を上げ反応を返した彼女。ゆったりとした動作で持ち上げられた瞼。


とろんとした瞳で俺を見上げる彼女の柔らかい髪に指を通す。



「ここじゃ風邪ひく。」

「……せんぱい?」



寝起き特有のかすれた声に回りきっていない呂律で俺を呼び、そこにいることを確認する彼女。


うん、と返せば。彼女はふにゃりとした笑顔を俺に向ける。

――…可愛いな。



先月から同棲を始めた彼女の陽菜。


この作品のキーワード
一週間  純文学  小悪魔系  お人好し  意地っ張り  甘えん坊  泣き虫  強気  しっかり者