「…貴方は、要らないの」

──……ごめんなさい…


「『 』は何処…」


──……ごめんなさい…



…生きていて、

ごめんなさい…

……私で

ごめんなさい…



「…俺らには、お前が必要なんだよ」
「私たちの元気のもとです」
「お前がいてくれて助かった」



“無”の少女
×
新撰組




…ありがとう、ごめんなさい




PV20000突破(?)記念、一時期パス外します。



内容は名前だけです。


まったくもって、わたくしの妄想です。


それでもよろしい人はGO!!!




この作品のキーワード
新撰組  遊女  江戸時代  虐待  いじめ    笑顔