【PM 5:00】

 成田空港を行き交う人たちは、なぜか大抵足早だ。中でも、制服を着た航空会社のクルーたちは、移動の荷物を詰めたキャリーバッグを引きずりながらも、いかにも姿勢よく歩く。
 制服を身につけた瞬間から、すでに仕事は始まっているはずだった。けれどマリカは、今日だけは、みんなとの別れ際を思い出さずにはいられなかった。
 バイバーイ。じゃあね。元気で。
 誰が何を言っていたのだったろうか。自分も同じように必死で手を振っていたから、もうよくはわからない。

この作品のキーワード
  青春    遠泳  同窓会  恋愛    岩井海岸  水泳  プール 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。