「えっ、そんな修羅場があったの?」


お昼休みの食堂で報告すると、梢が驚いた顔をした。
今日、テーブルに並んでいるのは、ミートソースのパスタの大盛り。

「炭水化物を2種類以上とると太るらしい」っていうのを理由に、いっつもひとつのメニューの大盛りを頼む梢。
それにしても毎日よく食べる。


「修羅場って……、まぁ、修羅場か」
「っていうか、え~……。宮坂がそんな行動に出るなんてね」
「ね。ビックリだよね。
人の恋愛沙汰とか、絶対面倒だって思ってるタイプなのに」
「ビックリはビックリだけど、私と芽衣のビックリ度合いは全然違うと思うけどね」


意味の分からない事を言い出した梢に、首を傾げる。


「なに、ビックリ度合いって。どういう意味?」
「だって、宮坂って元から芽衣に甘いじゃん。
だから、確かにそこまで行動に出すとはビックリだけど、普段の宮坂の態度知ってれば、まぁありえなくもないかなって」
「え、甘い? 宮坂が? 私に?」


ハテナマークばっかり並べると、梢が頷く。


この作品のキーワード
オフィス  同期  社長  甘い  三角関係  恋人  草食  キス  政略結婚  上司