風が止んで恐々と瞳を開けると…


目の前には、手を繋いだ鬼八と鵜目姫が小川の前で談笑していた。


『鬼八様、私に会わせたい方っていうのはどなた?』


『俺の幼馴染なんだ。あなたは俺の妻となるのだから鬼族に偏見を持ってほしくないし、本当に良い奴なんだよ』 


『あなたがそう言うのならお会いします』


薄桃色の羽衣のような美しい服を着た鵜目姫が鬼八に顔を寄せ、口づけをねだった。


――息吹はその光景を、“鬼八”の腕に抱かれながら見ていた。


「き、鬼八さん…これって…」


「これは俺の記憶。嘘偽りのない俺と鵜目姫が愛し合った日々の記憶だよ。俺は鵜目姫を攫ったりしてない」


自分の手を見つめると半透明状態になっていた。

あの手鏡は、全てを見ていたのだろう。

鬼八と鵜目姫が過ごした日々を全て全て――


『実はもう呼んであるからすぐに来るよ。俺に唇をねだってる姿を見られたいの?』


『だって…あなたの妻になるのですから。鬼八様…』


『鵜目姫…』


目の前で2人が唇を重ね合った。

とても幸せそうで、ただ人気のない森の奥だったので、2人が人目を気にしながら逢瀬を重ねていたことが窺い知れた。

思わず俯いてしまうと、隣の本物の鬼八から肩を優しく抱かれて引き寄せられた。


「見て」


「…うん」


気が昂って鵜目姫を押し倒しそうになっていた時、近くの茂みががさりと揺れて鬼八が身体を起こすと…


『鬼八』


『華月!ありがとう、来てくれたんだな!』 


――茂みをかきわけて姿を現わしたのは…


「主さま!?」


鬼八とうりふたつの男が無表情のまま歩み寄ってきて、鵜目姫の前で立ち止まった。


…髪が長い。

それも主さまと全く同じで、兄弟のような鬼八と華月の姿は少しだけ息吹を和ませた。


『華月、この人が俺の妻になる鵜目姫だ。里から逃げる前にお前にだけは会わせておきたかった』


『…そうか。あなたが…』


華月がじっと鵜目姫を見つめた。


穴が開くほどにじっと。


――それが華月と鵜目姫との出会い。

悲劇のはじまり。

この作品のキーワード
ファンタジー    和風  キュンキュン  溺愛  男目線  妖怪  甘々  ピンク13 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。