「別れよう」


切り出される別れの言葉。


そしていつもその理由は、


「おまえのお姉さんが好きになった」



なんでも出来て、美人で優しい大好きなお姉ちゃんに、コンプレックスを持つ私。





「コンプレックスごと、美月ちゃんが好きだよ」


それを丸ごと愛してくれたのは

あなたでした。




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

ありがたいことに
文庫化されることになりました。
皆さんのおかげです。
ありがとうございます!

それに伴い8月9日より
一部公開になります。
よろしくお願いいたします。

番外編は別BOOKに移しますので
お待ちください(´∀`)

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

好評発売中

あらすじを見る
23歳の美月は優しくて美人の姉が大好き。でも、過去の経験から密かにコンプレックスも抱いている。ある日、彼に振られ落ち込んでいる美月は、姉から坂口学という同僚の男性を紹介される。最初、学は姉のことが好きなのでは?と疑っていたものの、1年もの間、美月に片思いをしていたという彼のまっすぐな想いに惹かれていく。そんな時、姉と学のある会話を聞いてしまい…?
この作品のキーワード
年上  最後の恋  姉妹  劣等感  裏切り  恋愛  大人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

ベリーズ文庫

最後の恋、最高の恋。
最後の恋、最高の恋。
amazonで買う
楽天で買う
パピレスで買う
hontoで買う
BookLive!で買う