光祐さまが都に戻り、祐里は、女学校への入学準備で慌しい日々を過ごしていた。

 文彌からは、執拗なまでに恋文が届けられた。

 心配する旦那さまと奥さまの厚意で、祐里は、森尾の車で女学校に通学する

ことになった。

 入学して一月経った女学校の帰りに、祐里は、図書館へ立ち寄った。

 窓の外では遅咲きの桜の花弁が陽射しの中で舞っていた。

 探していた本に背伸びしてやっと手が届いた祐里の背後から、

星稜高等学校の制服姿の男子がすっと本を取って渡してくれた。

「どうぞ」

「ありがとうございます」

 祐里は、長身の男子を見上げてお辞儀した。

「難しい本を読むんだね」

 優しい視線が注がれた。

「先生が薦めてくださった本でございますの」

 祐里は、光祐さまの他に優しく話しかけてくる男子に出会ったことがなく、

心臓がドキドキする不思議な気分を感じながらお辞儀をして、貸出受付へ

向かった。

この作品のキーワード
  純文学  セレブ  婚約  片想い  独占欲  御曹司  遺言  許婚  運命