「桜ものがたり」景望/著  感想ノート



◆桜河伝説◆  第一章 桜ものがたり



孤児(みなしご)祐里の一途なお屋敷の光祐さまへの恋ものがたり。


『光祐さま、祐里は、光祐さまのお側にいとうございます』

この言葉を作者は、幾度となく呟きながら、書き綴りました。


古きよき時代の日本文化を堪能してくださいませ♪

この時代、現実には、戦争が起っているはずなのですが、

このものがたりの世界には、戦争は存在しません。


お気軽に感想をお聞かせくださいませ。




感想はありません