「遅い」

車にもたれた社長がいた。

「……」

驚き過ぎて言葉が出ない。

ただ、突っ立ったまま社長を見上げてるだけ。

「早く乗れ」

「……」

「起きてるか?」

「あっ、は、はい」

やっと言葉が出た。

「えっ、な、何で社長が此処にいるんですか?何してるんですか?」

我に返ると疑問が…

「飯食いに行くぞ」

「はぁ?め、飯って…ゆ、夕食ですか?」

「当たり前だ。早く乗れ」

「い、いえ。お誘いはありがたいですが…」

「ありがたかったら早くしろ」

腕を捕まれ、車に乗せられてしまった。

はぁ~

NOを受け付けない社長様。

運転席に座りエンジンを掛け

「あの、質問しても宜しいでしょうか?」

「ん、何だ?」

「何故、お食事に誘って下さるんですか?」

「飯誘うのに理由がいるのか?」

「い、今まで誘われたことありませんから」

絶対今日はおかしい。

「何でも初めてはある」

「は、はぁ~」

「初めてがあるから2回目以降も存在する」

た、確かに…って納得してどうすんのよ。



この作品のキーワード
俺様  ドキドキ  胸キュン  社長様  秘書  誘惑 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。