都内……地上五十四階の高層ビル、最上階に彼のオフィスがあった。

窓からは首都東京が一望できる。最高の景観、最高の地位、望むものは大概手に入れられる。
そんな場所に、藤原卓巳《ふじわらたくみ》は立っていた。


『判った……現場の判断は君に任せる』


卓巳はそう言って携帯を切る。
彼は窓際に立ち、眠らない街の灯りを黒い瞳に映した。
しかし、その光は卓巳の心まで照らしてはくれない。

少しネクタイを緩めると、彼は無表情に秘書の宗行臣《そうゆきおみ》を振り返った。


「調査は終わったのか?」

「はい。おおむね完了しました。時間がございませんでしたので、未確認の部分もありますが」

「かまわん、報告しろ」

「はい。千早万里子《ちはやまりこ》、二十二歳、聖マリア女子大学四年生、父親は千早物産社長で」

二十九歳の卓巳より、秘書の宗は四歳年上だ。しかし、同じ年齢か逆に見られることが多い。
宗は優秀な男だ。言われたことを百パーセント遂行する。だが、それ以上のことができない欠点もあった。
早い話、融通が利かないのだ。
元々目標としていた官僚のほうが、彼には似合いだったのかもしれない。

卓巳はため息をひとつ吐くと宗の言葉を遮った。

「おい。時間は有効に使え。報告は私の知らないことだけにしてくれ」

「失礼いたしました。――千早物産は生き残りに必死ですが、業績は悪くありません。千早社長は人望も厚く、ステイタスや目先の利益で娘を売ることはしない人物だと思われます。娘の万里子も質素で地味な女性ですね。渡航歴を探っても、同行者は父親のみです。私生活でも羽目を外すことはなく、宝石やブランド品を買い漁る趣味もありません。調査中は見事なほど、大学と家の往復でした」


宗は報告書を読み上げながら軽く手を上げて見せた。