「翼ぁ、もう飽きたよ。」




これで、8つ目。




いい加減足もパンパンに張ってきたし、せっかくの修学旅行なのにお寺しか回らないって何!?




「見ろよ!壬生寺だぞ!」



知らないよ、そんなの!




叫ぼうとしてぐっとこらえる。




せっかく京都に来たのに・・・。



目の前に立ちはだかる茶色いお寺を見ていたら段々虚しくなってきて、目に涙が溜まってくる。





「ここは新選組ゆかりの寺なんだ。中世の頃に寺を再興したのがな・・・。」




またこれを聞くのか、と思うとため息が出てくる。




翼は、根っからの歴史ヲタク。




勿論歴史は中学のころから首位をキープし続けている。




尊敬するけど、こういう時はもう呆れるしかない。

この作品のキーワード
新選組  歴史  沖田総司  甘々  土方歳三  幕末  新撰組  江戸時代  壬生浪士  ピュア