私はまた、『オアシス』に逆戻り。



「紫苑の方が力強いし…私をボディガードにしなくても十分…自分の力で守れるだろ?」


「俺と二人になるのがよっぽど嫌みたいだなっ…心愛。それは俺を男として意識してる証拠?」


「無駄口ばかり叩いてないで仕事しろっ!」


「…自分の都合が悪くなると…直ぐにキレる所が心愛のいけない所だ…妻の悪い所を直すのは夫の役目…少しお灸を据えようか?」



紫苑は革張りの椅子から立ち上がって、後ろにいた私に近づく。



「私はまだ、紫苑と婚約した憶えはない!」


「じゃあ~1000万…キャッシュで払ってもらおうか?心愛」


紫苑は私に迫る。私は背中をポールスタンドにぶつける。


この作品のキーワード
復讐  恋愛  刑事  ヤクザ  俺様  イケメン  特殊能力  許婚  社内恋愛  御曹司 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。