「…それでね!保育園児ってすごいのよ。私がハァハァ息切らしながら走ってるのに、まだ元気だし…」


その日の、夜。

私はシロと、自分の家のリビングで、夕飯を食べていた。


私は今も週に一度くらいの頻度で、シロと一緒にどちらかの家で夕飯を食べているのだけれど。


まぁ、私が一方的にペラペラと喋っているのはいつも通りよ。

ただ、シロの表情だけが、いつも通りじゃないのよね。


私が竜崎くんの話を始めた瞬間、あからさまに顔をしかめて。

なによ、なにが気に食わないのよ。

シロとの幼少期の思い出を話したことは、もちろん省いて話してる。

といっても、今更いちいちの表情の反応なんて気にするほど、気の知れない仲ではないから。

私は、話し続けていた。



「それでね、竜崎くんたら必死に走ってる私を見て笑うのよ?ひどいと思わない?」

「………」

「まーったくもう、学校外だからって何言ってもいいと思ってるのよ。やんなっちゃうわ」

「…………」


……シロ、黙りこくってるし。

相槌くらいは打ちなさいよ。

いくら腹立つからって…


…てゆーか、どうして竜崎くんに腹を立てているのかも、謎なのだけれど?



この作品のキーワード
デレツン  王子様  わがまま  文化祭  猫かぶり  幼なじみ  美少女  イケメン  おバカ  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。