最後にバスを降りた彼は、ポケットから出した名札のようなものを首からかけた。



私達付き添いは中に入ることなく、違う部屋で待つ。




今日ばかりは、お義母さんと一緒に中に入りたいと思った。


彼のもっといろんな顔が見たいと思った。




気になってしまったのは彼が指輪をしているかということ。


見えなかった。




ブラウニーをもらった時は、緊張していて、余裕がなかった。




どうしようもないけれど・・・

これくらいのときめきがあっても罪にはならないであろう。




私は頑張り過ぎていた。


私の限界はとっくに超えていた。


私の心のダムは今にも溢れだしそうで、決壊寸前だった。




この作品のキーワード
禁断  不倫  主婦  嫁姑  ドロドロ  ときめき 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。