本名は加部正義、1948年横浜生まれの本牧で育ちでひとりっ子。

 子どもの頃から、自分が楽しいこと好きなことだけをしていたよ。近くの山でよく遊んで、学校の授業の時間はほとんど絵を描いていたね。本当はサボりたかったけど家に誰もいないから学校に行かなきゃいけなかったんだ。

 だけど勉強はほとんどわからなかった。授業ってなに? 勉強はなんのためにするのか知らなかったな。面倒をみてくれたのはおばあちゃんくらいで誰も教えてくれなかったし、なにも言われなかったよ。学校は給食が出るのが一番楽しかったかな。

 お前のお父さんは死んだんだよとお袋から言われていた。写真と戒名がすごく頭に残っていた。木の上に白い紙がぺタっと貼っていて、そこにはルイズルイス・ババとカタカナ書いてあって、これがお父さんだよと言われていた。フランス系のアメリカ人だったんだ。死んでいることになっていたけど、本当は生きていると知ったのは随分あとになってからだった。

 住んでいた家は50坪くらいの大きなところで、裏には池もあったな。お袋の兄弟は多くて13人くらいいたと思う。空襲があって川崎やいろんなところから親類が集まってきたから、本牧で間借りしていたんだけど近くに土地が売りに出されていたので買って家を建てたみたい。

この作品のキーワード
音楽  ロック  ベース  ギター 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。