よくこの曲のベースラインがすごいと言われたけど、なんでそうなったのかと言うと頭のコード進行が歌謡曲っぽくて、ちょっとイラついたんだと思う。だからガシャーンって遊んで弾いちゃったのかも。

 たまたまその遊んだ感じが良かったのかもしれないね。遊んだっていうか…あのまましっとりやっちゃったらどうだったんだろう?

 だいたいあの歳でさ、こぼれたワインの涙の歌なんてわからないでしょう。酒も飲まないし。あ、トキさんは飲んでたけど。

 みんな後からだよね、聴いてみるといい曲だなって思えるのは。「愛する君に」は当時からいい曲だなって思ったけど「長い髪の少女」は……やっと最近ちょっとはいいなとは思えるよになったけど。あの頃はどうしてもはまらないよね。

 ちょうど洋モノにみんな侵されているっていうか、そっちの方がカッコいいじゃん。当時のレコードは邦楽は350円だけど、洋楽は500円でそこから違っていたんだよ。

この作品のキーワード
音楽  ロック  ベース  ギター 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。