「俺はサヤちゃんに慣れなれしくされても、サヤちゃんをストーカーだなんて思わないよ。てゆーか、俺がサヤちゃんに慣れなれしくしたいってゆーか」

 俺ではなく、森田がサヤ子のストーカー問題を否定する。聞き様によっては『翔太はそうは思ってないかもしれないが、俺は違う』とでも言いた気に聞こえる。自業自得なのに、森田にイラつく。

 「・・・じゃあ、約束して欲しい。私が森田くんの嫌がる事をしていたら、その時にすぐ言って欲しい。すぐやめるから。すぐに直すから」

 切実な目で森田を見上げるサヤ子。

 なんで俺は、サヤ子にしなくて良い後悔と反省をさせているのだろう。

 「それはサヤちゃんもね」

  森田がサヤ子の頭をポンポンと優しく撫でた。

 約束を交わし安心したのか、サヤ子は小さく微笑むと、『森田くんの連絡先、教えて下さい』と言いながら、ポケットから携帯を取り出した。

この作品のキーワード
後悔  切ない  教師  元カレ  再会  ラブコメ  過去  イケメン  学校  同僚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。