「真美が読者モデルをやるんですか?」

「あー、読者モデルじゃないの。ある企画のね、体験モデルをしてもらいたくて」

「どんなモデルなんですか? あ、私は彼女の友達なんですけど、話は私が承ります」



 彩乃は、いつのまにか私の専属マネージャーにでもなったように、背筋を伸ばして真っ向から対決する姿勢をみせている。

 そんな彩乃を見て、ニンマリと笑った皆藤さん。


 なにやらお互いアイコンタクトなんてして、すでに意気投合しているように見えるのは私だけだろうか。


 私のことを話し合うはずなのに、なぜか蚊帳の外な感じが否めない私の立ち居地。

 オロオロとふたりを交互に見ていると、話はどんどんと進んでいく。



「今回からね、新企画が動き出すの。ねぇ、立ち話もなんだから社に行かない? すぐそこなの」



 そういって皆藤さんが指差したのは、ほんの100m先にあった。

 大きく『かわみち堂出版社』と書かれていて、あそこかぁとぼんやりと思ってみていると、強引に皆藤さんに腕を引っ張られた。



「は? え? ちょ、ちょっと?」

「はいー、行きましょう、行きましょう」



 そういって半ば強引に皆藤さんに引っ張っていかれ、気がつけばビルの中の一室。会議室のようなところに通された。



「もー私ってばラッキー。こんな子を探していたのよ」

「……と、いいますと?」



 彩乃は身を乗り出して皆藤さんに聞いている。

 もう私のことなんて誰も見ちゃいないし、聞いてもない。

 勝手にしてよ、まったく。

 私は出していただいたお茶をひとくち飲んだ。

 玉露。

 いい温度で、香りも高い。

 とても甘くて深みのある味に思わず顔も綻んだ。



「これよ、これ。この笑顔がよかったのよ」

「へ?」



 突然私を見て、皆藤さんが頷いた。

 びっくりしてお茶が入った湯のみを落としそうになってしまった。

 慌てて茶たくに湯のみを置いて、皆藤さんをまっすぐと見つめる。



「ねぇ、なんでメイクしないの?」

「えっと……一応うすーくはしていますよ?」

「ああ、うん。なんとも見当違いのね」

「うっ!」



 あまりに正直にまっすぐに言われてしまって返す言葉はない。

 そんな私に、皆藤さんは真剣な顔をして呟いた。



「なにかあったんじゃないの?」

「え?!」



 驚きの声を出したのは彩乃のほうだ。

 私は、あまりに皆藤さんが確信に突いた言葉を言ったので、驚きのあまり声が出なかった。




この作品のキーワード
OL  王子  大人  無愛想  不器用  クール  イケメン  地味子