バン、と。爆風のように襲いかかる、音の塊。

歓声は和音に混ざりあい、ボーカルの扇動で、観客は更に興奮をかきたてられている。


上げられた腕の合間を縫って、私はそのボーカルの彼ではなく、ギターを弾くあの人に視線を向けた。


ネックの上を滑る、長細い指。

少し骨ばった、ピックを持つ手。



その手で、触れられたい──。


爆音も敵わない位、いつも彼の手が、私を高揚させた。


この作品のキーワード
密フェチ  ギタリスト  バンド   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。