- - - - - - -- - - - - - - - -- - - - -

騙されてもいい

- - - - - - -- - - - - - - - -- - - - -



だれだって傷つきたくはないもの。

もちろん傷つけたいとも思わないもの。



だから、人のことをときどき、

とめどなく疑ってしまったりして。




そして、自分も人からときどき、

ふしぎなほどに疑われてしまって。




どちらにしろ、傷を避けたいがためなのに、

なんだかむしろ傷ついてしまっているようで。




だけど信じるかどうかは選ぶことができないもの。

ココロを透視することはできません。



その人が嘘をついているかどうか、

その人が信じてくれているかどうかの、

答え合わせもできないままです。




その人が嘘をついていなければ

信じてあげる。

その人が信じてくれているなら

愛してあげる。



そうやって相手にゆだねてしまって、

相手が何を選ぶかによって

自分のココロを決めてしまうのは、

なんだかちょっとムリがあります。


目に見えないギブアンドテイクがあるなか、

相手にギブを求めるばかりになって、

自分からのギブが後回しになっているから、

選べないままなのかもしれません。



騙されたっていい、は、

騙されたいわけじゃない。



でも、本当に騙されたとしても

自分はゆるがないのです。


ほんとうはもっと、

差し出されたものじゃなく

ココロの声に耳をかたむけて

ただその高鳴りや鼓動を感じて

信じることができればいい。




自分のココロに素直になって、

相手のことを受け入れられる、

信じたいものを、信じたいひとを、

ありのままに信じられる、

そんなまっすぐで、芯のある言葉。



そして何より、

相手への無条件の愛情が

たっぷりと伝わる魔法の言葉。

それが「騙されてもいい」。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話