待ち合わせの時間といえど、

自分の時間は自分で自由に使えるはずです。

同じように24時間を過ごすとして

「大切な人に待たされている」と感じながら過ごす

どこか受け身な時間の過ごし方と

「大切な人を待っている」と感じながら過ごす

自分で選択した時間の過ごし方とでは、

大きく価値がちがってくるのではないかと思います。

相手に待たされているような

不自由な時間を過ごしているのではなく

大切な相手を自ら選んで待っているという

自分の自由な時間を過ごせる方が楽しいはずです。


遅れてきた相手が来るまでの時間を

「自分の時間」にするためにも

「待っている」という言葉にして

相手だけじゃなく自分に対しても

認識させることが大切になるのです。


無理やりに、イヤイヤ過ごしている時間より、

自ら選んで過ごす時間の方が有意義になります。

大切な人に腹を立てながら過ごすよりも

大切な人を喜ばすためのアイデアを考えたり、

その日、どこにいこうか、どんなことをしようかと

想いを巡らせる時間として活用することの方が

自分にとって、そして二人にとっても価値があります。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話