- - - - - - - - - - - - - - - - -

また会いたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - -

すてきな出会いだったからこそ、

お別れのときに自分のキモチを

どんなコトバで伝えるのかは、ものすごく大切。

できるだけありのまま相手に届くように伝えたいもの。

「またね」は、

ちょっとあっさりしていて軽い。

「バイバイ」だと、

またねよりも、もうちょっと軽い。

「さようなら」は

今生の別れのようで、淋しすぎる。

「ごきげんよう」だと

なんだかかしこまりすぎて距離を感じる。

「またいつか」「また今度」は

社交辞令のようでずっとおとずれない気がする。

お別れが淋しいなんてことは

だれだってわかっていること。

もう会えないかもしれないと

不安がよぎってしまうこともあるものです。


人生の中にはいろいろなお別れがあります。

毎日のように会っていた友達や家族と

一時的に会えなくなる期間限定のお別れ。

そして一生会えなくなるかもしれないほどの、

恋人やパートナーとの破局や、

転校や転勤などによるお引越しもあります。

だからできればお別れの言葉で

わざわざ淋しさを再確認したくない。

本当は一緒に進みたいけれど、

あえて別々の道を選ぶということ。

できることなら別々の道の先が

また一つの道に繋がってたらいいなって

キモチを伝えてくれる言葉だとしあわせ。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話