「澪香(ミオカ)、こっちに来なさい」

「---はい」


私は呼ばれると、身に着けていたショーツをそっと足元に脱いだ。



生まれたままの姿になると、ソファーに深く腰掛けたバスローブ姿の時田の前に立つ。

時田は寛ぎ、軽く笑いを浮かべている。



私は時田の足の間に静かに跪いた。


この作品のキーワード
ヤクザ  裏切り  再会  年の差  秘密  過去  偽り  禁断  狂愛  極道 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。