どうせ、助からない命なら、私を使って。

私は、誓う。

この願いが変えられることはない。

どんな病苦が、どれだけ続いたとしても。

私は、そう願った私を、決して忘れない。