なんでかな…?



“アイツの冷たい瞳が
 忘れられない…”



もう、傍にいないのに。



もう、解放されたのに。



未だに怯えてる自分が
ほんとやだ…。

この作品のキーワード
切ない  恋愛