新幹線が少しずつ速度を落とし始め、アナウンスがもうすぐあたしが降りる駅に到着する事を告げる。


「……着きましたね」


「そうね……」


ほんの少しだけ寂しげに微笑んだ柊君に頷いて立ち上がると、彼は荷物棚からボストンバッグを下ろしてくれた。


「持てますか?」


「うん、ありがとう」


「いえ」


胸の奥から沸々と込み上げて来る寂しさに気付かない振りをして、満面の笑みで柊君を見上げる。


「じゃあ……」


「そこまで見送ります」


「いいわよ、別に。すぐそこなんだし」


「いえ、俺が見送りたいんです」


相変わらず可愛くないあたしに、柊君は柔らかい笑みを向けてくれた。


この作品のキーワード
オトナ女子  アラサー  イケメン  再会  甘々  年下  溺愛  意地悪  強引  一途