--宏くん貴方は私の全てです。--

私が怒った時
貴方はいつも笑顔をくれた

喧嘩した時
貴方は自分が悪くなくても
一緒に居たいからって仲直りに来てくれた

私が苦しい時
貴方が居たから涙を流せた

貴方は私に初恋を
好きな人と居れる幸せを
大切な親友ができた青春を

教えてくれた。


でも、ごめんね

私は貴方を好きになれない

好きになってはいけなかったの…

貴方に会う前
好きになる前に戻りたい。


貴方を好きになってごめんね






___

[貴方に][君に]会って
[私の][俺の]いつか来ると解っていた歯車が

動きだした


私達が気付く暇もなく
ゆっくり

なのに、止まらず

刻々と


私達の元へ[時間へ]


近づいていたんだ




目次

この作品のキーワード
初恋  感動  恋愛  病気