もう君はいないけど君のことを忘れたことは一度だってないんだよ。

いつでも君に触れたくて
いつでも君と笑ってたくて
いつでも君に会いたかった