どうか、


この愛の先が



見えなくなってしまっても   



この歌を聴いて



歩き続けて。






それが、



きみだから。


目次