ただ貴方の傍に居たかった

傍に居れるなら
どんな形でもよかった。




―でも、貴方と居れば居るほど辛かった。

この作品のキーワード
友達以上  恋人未満