玲の好みの顔をしていること。
大き過ぎず、小さ過ぎず。
派手な色合いはダメ。

それが条件で集めていた。

名前もひとつひとつ付けた。

18,9歳にもなって子どもっぽ過ぎて今考えると笑ってしまうが、当時は真剣だった。

UFOキャッチャーに欲しいクマを見つけると、わざわざ友達を付き合わせてまで取ろうとした。


「ルル、指輪がないの。佳孝に怒られちゃう。一緒に探してくれる?」

「うん、いいよ。玲ちゃん、
頑張ろう」

玲は声色を使い分けて一人芝居をし、ルルをこくん、うなづくように動かした。

ルルだけを残し、あとは元に戻すことにした。


「これはなにが入ってるんだっけ…?」

玲は縫いぐるみのビニール袋の横にあったステンドグラスの小箱を手に取った。

その箱はピンクと紫とクリアーの三色のガラスで作られた美しいもので、義姉の恵子が昔、アクセサリーでも入れてね、と言って玲にプレゼントしてくれた手作りの品だった。


綺麗な品なのにしまい込んでしまって、もったいない…

玲はそう思いながら箱を手に取り、開けてみた。


エアメイルの絵葉書が二枚と写真が二枚入っていた。


1枚の写真には、加集と玲がいた。
昔、都内で開かれた空手のトーナメント試合の会場で撮ったものだった。


「…加集さん…」

玲の胸は、懐かしさで一杯になる。

加集は空手着をきて、玲はチェックのニットを着ていた。

玲は笑っていたが、加集は腰に手をあて、喘ぐような表情をしていた。

道着は前が開いていて、加集のたくましい胸筋が覗いていた。


加集は玲が初めて心を許し、自然に接することが出来た男だった。







15年前ーーー

玲は、自分の水着姿を鏡に写してみた。

「可愛いじゃん…これ」

生まれて初めてスイミングスクールというところに足を踏み入れた志沢玲は、満足そうに頷いた。

今日、ここに来る為に、横浜のデパートで一万五千円もする競泳用の水着を買った。

爽やかなブルー地に白いプルメリアの花がプリントされたワンピース型のそれは、玲の体を少しスマートに見せてくれた。

玲は自分の体形が嫌いだった。

背もあるし、子供の頃からもっさりとした体型だった。

揚げ物や菓子パンが大好きで、食べ出すと止まらなかった。
中学生の頃は寝る前にスナック菓子を一袋食べるのが習慣だった。

特にウエストや太ももの辺りの肉がすごかった。
女子プロレスラーみたいだと口の悪いクラスの男子に言われたこともある。


「この水着なら、プロレスラーには見えないよね!」

玲は嬉しくなり、鏡に向かい、1人でニコッと笑った。

この作品のキーワード
切ない  不倫  空手  奥手  巨乳  遊び人  地味子  復縁  結婚指輪  愛人