「すごいです!!」


私はシンと一緒に、キッチンの奥のパントリーに。


「まるで、スーパーみたい!」


私は棚にぎっしりと詰め込まれた食材に驚きながら、手にとって一つ一つ見た。



「今夜は何する?」


「皆さんの好きなメニューは?」



「パスタかな?」


「わかりました…今夜はパスタで」



私はそばにあった脚立に乗り、手の届かない場所の棚にあるパスタに手を伸ばした。



「俺は地下のワインセラーに行くから」



シンが踵を返した途端。


急に脚立がグラついた。


地震??


この作品のキーワード
政略結婚  社長  イケメン  浮気  俺様  身代わり  逆ハーレム  アイドル  ツンデレ  家族 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。