お風呂から出ると、時間は日付けが変わろうとしていた。

あたしは布団に入るなり、すぐに目を閉じた。

大好きな亮二の隣で眠りについた。