雲が掃けた空を、一機の飛空艇が横切る。

色彩豊かな瓦屋根に石畳。小洒落た街灯。飾られた針葉樹。五感を賑わす街並み、それがホット・クロック。

円形広場の噴水は、スピーカーから流れる曲にあわせて弧を描き、曲芸士が風船で動物を作る。

人々は口を揃えて「芸術の街」と、そう呼んだ。

そう言われる由縁は、何も美観に優れた街並みだけが要因なのではなく、この街に集まる芸術品の数もその要因の一つ。

富豪ディリカ・ブロッケル氏が趣味で始めた芸術品収集が、美術館開設に至るまではそう時間が掛かる事ではなかった。

そんな美術館を一望できるのは、今秋開設予定のここ二番館に他ならない。

骨組み作業が進む中、その男は仁王立ちし、双眼鏡を覗いていた。

形の良いスキンヘッド。鋭いサングラス。体幹の優れた肉体を纏(まと)う黒スーツ。

名を、ボズ・ウォーリア。


「どうだい相棒。何か動きはあったか」


そして、骨組みを器用につたい、ホットドッグを頬張る男。

目に掛かる赤髪。柔らかい猫目。緩めた口端。ダークグレーのシャツに牛柄のネクタイを締めたその男。

名を、ベック・ローチ。

指先についたケチャップを舐めていると、ボズが静かに口を開く。


「予想通り、WALTZ(ワルツ)を雇ったようだ。あの紋章は8番隊のものだろう」

「8番隊って。これまた安上がりな」

「侮るな。奴等とて派遣型軍事組織“WALTZ(ワルツ)"の一員だ」

「お堅いねえ。“暴君(サップ)"の名が泣くぜ?」

「お前が楽観的過ぎるんだ“お調子者(ウッドペッカー)"」


「そうかい?」そう言って片目をつぶるベック。

そして昼間の空に浮かぶ特殊塗料の文字と月日。

“この度、パームの金貨を貰いうける"。