「久しぶりだー!!」



テンションが、上がる!


大人なってからも、数回来てるけど…


意外に面白い。



「なの。

はしゃぎすぎると、


転びますよ?」


「ベルーガ!ベルーガ!」



嬉しそうに、


海が私の所まで駆け寄ってきた。




「一緒に行きましょう。」


そう言って、手を繋ぎ始めた。


しかも、恋人繋ぎってやつ!指を絡めるやつだよ!ひぃぃ!?


「うっ…うん!」


恋人繋ぎ初めてだわよ!


今まで、リア充がやってたのをうぜぇって思っていた事だぜ。


手に汗が…


「ごめんね。汗っかきだから…。」


「良いんですよ。

俺が、なのと手を繋ぎたいんですから。


ベルーガショーが、

そろそろ始まりますね。」


入り口に、あったパンフを見て言った。

「え!!


海、行こう!?

急げー!!」



海の手を引き走りだした。






ベルーガショーに、間に合い…


何とか着席できた。


あの顔がなんとも言えないぐらい好き好き!!


「可愛い!可愛い!」


小さく呟いていると…



「なのって、ベルーガに似てるよね。

ぷよぷよしてる所か、


可愛い顔してるのとか。」


「似てないよ!

ベルーガの方が、可愛い!


こっち見た!」



ベルーガの可愛さにメロメロでした。



そんな、私を海は愛おしいそうに眺めて
いた。


私は、気づいてないけどね!















この作品のキーワード
年下  オタク  おデブ  初彼  ハーフ  普通