私達のメイド喫茶は開店時刻から大にぎわいだった。

かなり大儲けできるかも―――なんて最低な事を考えているのは私だけか。


神崎も「熱あるかも」とか言っときながら見事な働きっぷりだ。


まあ、この沢山の客も、ほとんどが神崎目当てだと思うと、何故か複雑な気分になる。



神崎は―――モテる。


クラス内からだけじゃなく、隣のクラスやら、上級生や去年の後輩だという中学生までもがラブレターを渡しにくる所を、私はもう何度も見ている。



気になるのは今朝の事だが……


あんなにテキパキ動けるようなら大した事じゃないんだろう。


それか、今朝のは仮病か…。


どちらにしろ、あの時真っ赤になってしまった自分が恥ずかしい。