「……38.9。」


保健室の南 睡蓮先生――通称、スイちゃんは体温計を睨み付けながら言った。


目の前のベッドには、真っ赤な顔をした神崎が寝ている。


「……高。」


私は何とも言えなかった。
38.9。
きっと朝から少しの熱はあったはずだ。


なのに…。

「比奈公、アタシ悪いが午後から出張なんだ。」

スイちゃんは目の前で両手を合わせた。

「本当は出張じゃないんでしょ。」

私がそう言ったと同時に顔を歪ませるサボり保健教員。