真っ白なドレスに桜の花びらが舞い落ちる。

長く広がった裾は重く、まるで囚人の枷のよう。

ベールで隠された視界は白く霞んで。

これは私の将来を暗示しているのかしら?


「千紗さん、本当にお綺麗よ」


涙ぐんでそう口にするお祖母様にはにこりと微笑んで「ありがとうございます」と返した。

だけど、


「あぁ、如月さん。お出迎えありがとうございます。ほら、お前も」


と、頭を下げるよう強要する兄には心底嫌そうに顔を歪めた。

どうせ見えないだろうけど。

目の前に止まったのは自動車と呼ばれる車。

こんなものを持っているのはこの日本にどれほど居るのかしら。

きっとそれを誇示したいのね。


「千紗様、どうぞ」


恭しく燕尾服を着た男が頭を下げる。

私は促されるまま車に乗り込んだ。

窓を見れば見事なまでに咲き誇った桜が見える。

わが、桜井家に昔からある桜の木。

一陣の風が花びらを浚い視界を桜色に染める。

桜吹雪の中、車は無粋な音を立てて進み始めた。

この作品のキーワード
歴史  公家  政略結婚  歳の差  紳士  鬼畜  恋情  拘束  切ない  金魚鉢 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。