「趣味が変わったの? それともそういう趣味だったの?」


不明瞭な電話でクスクス笑う八重の声が聞こえた。


「どういう意味かな?」


なんとなく言いたいことは分かるけどね。


「結婚だって驚きだったのにお相手はあんなお子様だなんて」


普通の反応。

八重も普通の女と言うことか。


「幼くとも彼女は血統書正しい公家の出だよ」

「あら、そんなものに縛られるような男だとは知らなかったわ」

「仕事には色々と必要なことがあってね」


私の声に八重は「だと思った」なんて甲高い笑い声を響かせた。


「それじゃ、可愛いドレスつくってあげる」

「ちゃんとフォーマルなもので頼むよ。彼女は私の妻なのだからそれらしいものをね」

「……」


しまった。

最後の台詞は余計だったか?


「なら、ちゃんと教えてくれなきゃ」


あぁ、機嫌を損ねてしまったか。


「どうやって?」


面倒だな。


「目の前で、教えて。マネキンは用意しとくから」

「今夜は無理だよ。接待が入ってるからね」

「なら明日」


仕方ない。


「では明日」


短くそう告げて電話を切った。

この作品のキーワード
歴史  公家  政略結婚  歳の差  紳士  鬼畜  恋情  拘束  切ない  金魚鉢 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。