小雪が並べたのはあの横浜で作ったドレスたち。

ワインのような色のものからシャンパンのように光沢のあるものまで。

だけど私が選んだのは、


「これにするわ」


黒いドレスだった。

赤いドレスを着るほど晴れがましくも無い、光沢のあるものを着たいと思えるほど期待もしていない。

だから黒。

それでも薄い生地は腕が透けて見えるし、切り替えしが胸元にあって幾重にもなった黒いレースがひらひらと風に舞う。

そんなドレスだけど丈は膝までとなんだか心もとない。

それでもこれが流行りだと言われたら反対することも出来ずこのドレスは私のものになってしまった。


「畏まりました。それでは髪のほうも私が結いますので」

「えぇ、お願いするわ」


気が重い。

まだ夕方で夜までは時間があって奏さんもいないけれど。

この作品のキーワード
歴史  公家  政略結婚  歳の差  紳士  鬼畜  恋情  拘束  切ない  金魚鉢 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。